Wi-Fi王

便利なWi-Fi情報をお届け!

DTI SIMの全て!速度・料金・通話品質など利用者の評判を徹底網羅

dtisim

人気格安SIMの「DTI SIM」

格安SIMへの乗り換えならDTI SIMを検討中の人も多いのではないだろうか。

ただ、DTI SIMを契約する前に下記のような事が気になると思う。

  • DTI SIMの通信速度は?
  • DTI SIMって本当に安いの?
  • DTI SIMならではのメリットはあるの?

など、上記のような事が気になると思う。

そこで当記事ではDTI SIMを契約する前に知ってほしいメリット・デメリットをはじめ、利用者の評判をお伝えしていく。

 

DTI SIMとは?

DTI SIMとは「株式会社ドリーム・トレイン・インターネット」が運営する格安SIMサービスである。

この「ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)」という会社は20年ほど通信事業をしている老舗企業である。格安SIMの他にも光回線・WiMAXなど通信サービスをしているので割りと有名な通信企業だ。

したがってDTIは経験豊富な実績のある企業なので安心して格安SIM契約が出来ると思う。

実は格安SIM事業者の大半は無名な会社である。実績の少ない無名企業はトラブルを起こしやすいため契約すると不安だ。

しかしDTIなら経験豊富な老舗企業なので安心だ。

DTI SIMならではの2つのメリット

【1】料金が安い

DTI SIMの料金は格安SIM最安値である。

↓以下、人気格安SIMとDTIの料金比較

SIM 月額 容量
DTI 1,490円 3GB
UQモバイル 1,980円 3GB
Yモバイル 1,980円 3GB
マイネオ 1,600円 3GB
BIGLOBEモバイル 1,600円 3GB
楽天モバイル 1,480円 2GB


上記の通り、DTI SIMの料金は安い。料金は格安SIMの契約で重要視される項目だ。したがって料金が安いDTI SIMが人気なのも納得出来ると思う。

もちろん、DTIは料金が安いからと言って品質が悪い訳ではない。

【2】お試しプランがお得!

DTI SIMを初めて契約する人は「お試しプラン」が利用できる。

この「お試しプラン」の料金表は下記だ

プラン 1~6ヶ月目 7ヶ月目以降
電話定額3GB 1,520円 2,310円
データSIMお試し3GB 0円 840円
データSIM+SMSお試し3GB 0円 990円

※電話定額プランは音声SIMと通話10分かけ放題の「おとくコール10」というオプションがセットになったプランである

上の表の通り、「データSIM」なら半年間無料だ。ただ、半年間無料と言っても初期費用(3,394円)・ユニバーサルサービス料は発生する。

また、そもそもMNPでデータSIMだけ契約する人も少ない。

しかしながら半年間データSIM料金が無料なのはお得だ。通常ならデータSIM3GBの料金は840円~990円/月発生する。

DTI SIMの評判

DTI SIM利用者の評判をSNS・口コミサイトで調査した。DTI SIMを利用する上で重要な下記2つの項目の評判を載せていく。

・通信速度
・通話品質

はじめに伝えておくが、DTI SIMには悪い評判もあった。一部のサイトではDTI SIMの良い評判だけを載せているが、当サイトでは心を鬼にして悪い評判も載せていく。

DTI SIM:通信速度の評判

 

 

DTI SIMの通信速度の口コミは賛否両論あった。ただ、DTI SIMは格安SIMでは通信速度が速い方である。

また、通信速度が遅くても動画などを見ない人であれば特に問題はない。また、低画質で動画視聴すれば通信速度が遅くても我慢できるレベルで視聴できる。

DTI SIM:通話品質の評判

 

通話はほとんどしないが、たまに利用する際の音質はそこそこ。ただし音の大小が不安定だったり、途切れることもしばしば。やはり主要キャリアに比べるとランクが下がる印象。

参照:

https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=35&si_page=3

 

ライン電話を使用。電話状況や相手により会話が遅れて聞こえる。特に自分の声がしゃべっていると電話口から遅れて聞こえることがある。

参照:

https://kakaku.com/mobile_data/sim/report/?si_companycd=35&si_page=3

DTIの通話品質には不満があるという書き込みが多かった。通話は電波状況によって左右されるが、仕事などで頻繁に電話するならDTI SIMは避けた方がよいだろう。

ちなみに「LINE電話なら問題なく使えてる」という書き込みは多かった。

DTI SIMの料金

⇔スマートフォンで閲覧の方、横スクロールできます⇔

容量 データプラン データSMSプラン 音声SIM
1GB 600円 750円 1,200円
3GB 840円 990円 1,490円
5GB 1,220円 1,370円 1,920円
10GB 2,100円 2,250円 2,800円
毎日1.4ギガ使い切り 2,200円 2,350円 2,900円

DTI SIMの料金は上記となる。月10GBプランなら2,100円で利用出来る。10GB/2,100円という金額は格安SIM最安値である。

また「毎日1.4ギガ使い切り」は人気の高いプランだ。毎日1.4ギガ使えれば1ヶ月で42GB利用できる。

したがって毎日1GB程度データ容量を消費する人には「毎日1.4ギガ使い切り」がオススメのプランだ。

DTI SIMの2つのオプション

【1】おとくコール

おとくコールは通話料が30秒/10円になるオプションだ。通話料は基本的に30秒/20円なので「おとくコール」に加入すれば半額安くなる。

また、おとくコールはオプションだが月額料金が無料である。専用のアプリから電話をするだけで通話料が半額になるので魅力のオプションである。

【2】おとくコール10

おとくコール10は10分以内の通話なら何度かけても無料になるオプションだ。月額820円で加入できる。

10分以内の通話が多い人には魅力のオプションである。また、何度かけても無料なので友人と10分以内の通話を繰り返せば長く電話できる。

ただ、友人との電話はLINE電話でしてる人も多いと思う。したがって、10分かけ放題はあまり人気のないオプションだ。LINEを使っていない人で10分以内の通話を頻繁にする人にはオススメであろう。

DTI SIMの3つのデメリット

【1】契約解除料が高い

DTI SIMの音声SIMは1年以内に解約すると9,800円の違約金が取られる。格安SIMなのに最低利用期間1年かつ契約解除料9,800円というのは大きなデメリットだ。

1年以上利用するなら特に問題はないが、DTI SIMは通信速度が安定してないため解約を考える人が多い。

また、DTI SIMは付加サービスが少ないため不満があったら解約に繋がりやすい。

例えば「楽天モバイル」なら通信速度が遅くても、楽天ポイントでスマホ代の支払いが出来るなど付加サービスがある。したがって通信速度が遅くてもお得なので我慢できる要素がある。

しかしDTI SIMは特に付加サービスがない。料金が他社SIMより少し安い程度である。

【2】MNP転送手数料が高い

MNPとはスマホのデータ・電話番号をそのままにしてSIMだけを乗り換える事である

DTI SIMのMNP転送手数料は5,000円だ。一般的にMNP手数料は3,000円ほどである。

つまり他社格安SIMと比べるとDTIのMNP手数料は2,000円高い。DTI SIMの月額料金は他社より100円~200円ほど安いが、MNPが高いので短期で解約すると損をする。

加えてDTI SIMではスマホの販売をしていない。そのため契約者は全てMNPとなる。また、前述したが音声SIMは1年以内に解約すると9,800円の違約金が取られる。

DTI SIMは月額が安い変わりにその他の手数料が高いのがデメリットだ。

【3】お得なオプションは特にない

DTI SIMのオプションは通話が半額になる「おとくコール」と10分以内なら何度でも無料の「おとくコール10」である。

しかし、この通話料が半額になったり、10分かけ放題というオプションは他社のSIMでもほぼ用意されてるオプションだ。したがってDTIに限ったオプションではない。

また、以前はDTIはYouTubeなど動画サービス見放題の魅力のオプションがあったが、現在は廃止されてしまった。

唯一あるDTI特有のメリットはデータSIMが半年間無料だけである。

DTI SIMまとめ

以上がDTI SIMの評判、メリット・デメリットとなる。DTIは多数ある格安SIMでも最安値のSIMである。また、データSIMなら半年間無料などDTI特有のメリットもある。

ただ、DTI SIMは月額料金は安いが、その他のサービス手数料が高い。

例えばMNP料金・解約料金などが割高だ。また、スマホ販売もされてないためDTISIM契約者はMNPのみとなる。

ただ、大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)と比べるとスマホ料金が大幅に安くなるため、スマホ料金を節約したい人にはDTI SIMはオススメだ。