Wi-Fi王

便利なWi-Fi情報をお届け!

【アカン】Broad WiMAXの評判・使ってみた評価

broadwimax

大人気のWiMAXプロバイダ「Broad WiMAX

Broad WiMAXは様々なWiMAX比較サイトで最もオススメされているプロバイダです。そのためBroad WiMAXの契約を検討の人も多いのではないでしょうか

そこで当記事では、Broad WiMAXの評判をはじめ、実際にBroad WiMAXを利用している私のレビューをお伝えしていきます。

ぜひ当記事を読んでBroad WiMAX契約検討の参考になればと思います。Broad WiMAXのメリット・デメリットも包み隠さずお伝えしていきます。

Broad WiMAX公式サイトへ

 

Broad WiMAXとは?

Broad WiMAXとは「株式会社リンクライフ」が運営するWiFiサービスです。Broad WiMAXは20社以上あるWiMAXプロバイダの1つです。

多数あるWiMAXプロバイダの中でもBroad WiMAXは毎年1位・2位の人気を誇ります。

Broad WiMAXはWiMAXプロバイダでも最安値級の料金で利用出来ます。そして先に結論を言うと、ズバリBroad WiMAXは一番オススメのWiMAXプロバイダです!

Broad WiMAX公式サイトへ

Broad WiMAXが選ばれる3つの理由

【1】料金が安い

Broad WiMAXはWiMAXプロバイダでもトップクラスに料金が安いです。

↓以下人気WiMAXプロバイダとの比較

⇔スマートフォンで閲覧の方、横スクロールできます⇔

プロバイダ 実質総額(3年) 月額 キャッシュバック
GMOとくとくBB 121,080円 ・1~2ヶ月目:3,609円
・3ヶ月目~:4,263円
30,000円
Broad WiMAX 128,626円 ・1~2ヶ月目:2,726円
・3~24ヶ月目:3,411円
・25ヶ月目~:4,011円
0円
カシモWiMAX 130,368円 ・1ヶ月目:1,380円
・2~24ヶ月目:3,480円
・25ヶ月目~:4,079円
0円
JP WiMAX 134,100円 ・1~3ヶ月目:2,800円
・4~24ヶ月目:3,500円
・25ヶ月目~:4,100円
0円
BIGLOBE WiMAX 155,480円 ・1~24ヶ月目:4,780円
・25ヶ月目~:3,980円
10,000円
SoNet WiMAX 148,656円 ・1~12ヶ月目:3,380円
・13ヶ月目~:4,379円
0円
BIC WiMAX 142,680円 ・1ヶ月目~:3,880円 0円

※実質総額は初期費用・月額・端末代・キャッシュバックなど全て含めた料金です

上の表のとおり、Broad WiMAXの料金は2番目に安いです。ちなみに1番安いGMOとくとくBBはキャッシュバック手続きが面倒なのでオススメしません。

WiMAXプロバイダは全社、WiMAX回線を利用してるので通信速度・通信エリアは同じです。

したがって、どのWiMAXプロバイダを選ぶかはシンプルに料金が決め手となります。そのため料金が安いBroad WiMAXが人気なのも納得ですね。

【2】面倒なキャッシュバックがない

Broad WiMAXにはキャッシュバックがありません。しかしキャッシュバックがない分、月額料金が安く設定されてます。つまりキャッシュバックがあるWiMAXプロバイダと比較しても料金はほぼ変わりません。

WiMAXプロバイダのキャッシュバックは基本的に複雑に設定されているので受け取れない人が多数います

例えばWiMAXプロバイダで最も有名な「GMOとくとくBB」は30,000円以上のキャッシュバックが貰えますが、受け取れなかった人も多くいるようです。

従ってキャッシュバックありきで料金を考えるのは少し危険です。一概にキャッシュバックの高さでWiMAXプロバイダを選ぶのはオススメしません。

Broad WiMAXならキャッシュバックが元々ない分、月額料金が安く設定されてるので確実に安く利用できます。

【3】他社から乗り換えると違約金を負担してくれる

現在利用しているWiFiからBroad WiMAXに乗り換えたい!という人にもBroad WiMAXはオススメです。Broad WiMAXは違約金を最大19,000円まで負担してくれます。

例えばGMOとくとくBBからBroad WiMAXに乗り換える場合、GMOとくとくBB解約時に発生する違約金をBroad WiMAX側が負担してくれます。

他社から乗り換える際の違約金まで負担してくれるWiMAXプロバイダは非常に少ないです。そのためBroad WiMAXは貴重・良心的とも言えますね。

↓しかし、Broad WiMAXの違約金負担には下記2つの条件があります。

  • 月額プラン申込み(ギガorライト)
  • クレジットカード支払い

上記2つの条件を満たせば、他社からの違約金を負担してくれます。月額プランに申込みをしてクレジットカード支払いにすれば条件が揃うので容易ですね。特に複雑な条件という訳ではありません。

クレジットカードを持ってる人ならほぼ違約金負担の条件を達成出来ると考えて良いでしょう。

Broad WiMAX公式サイトへ

Broad WiMAXを使ってみた評価

ブロードワイマックス

Broad WiMAXを実際に使ってみました。先に結論を言うとBroad WiMAXは超オススメのWiFiです。通信速度も平均的に20Mbps以上出るので動画もスムーズに見れます。

私はこれまで7社以上のWiMAXプロバイダを利用してレビューしてますが、Broad WiMAXは一番おすすめです!

また、もしBroad WiMAXは利用して満足出来なければ「初期解約制度」が利用できます。この「初期解約制度」というのは利用から8日以内であれば無料解約できるクーリングオフのような制度です。

したがってまずはBroad WiMAXをお試ししてみてはいかがでしょうか。

Broad WiMAX公式サイトへ

Broad WiMAXの良い評判

 

 

Broad WiMAX利用者の良い口コミを調査した結果、「料金が安いため通信費を節約できた」「通信速度に満足している」などの口コミが書き込まれていました。

ちなみに私もBroad WiMAXの料金・通信速度には満足しています。

Broad WiMAX公式サイトへ

Broad WiMAXの悪い評判

 

 

Broad WiMAX利用者の悪い口コミを調査した結果、「地下だと繋がりにくい」「プランが複雑」などの口コミが書き込まれていました。

Broad WiMAXはオプションの強制加入などプランが複雑なのも事実です。ちなみにプランが分かりやすくて料金の安いWiMAXプロバイダは「カシモWiMAX」です。

Broad WiMAXのデメリット

【1】初期費用が高額

Broad WiMAX最大のデメリットは初期費用が高額なことです。Broad WiMAXの初期費用は合計でなんと21,857円も発生します。ただ、初期費用はキャンペーンで基本3,000円になります。

↓Broad WiMAXの初期費用18,857円が割引される3つの条件

  • WEBで申込みをする
  • クレジットカード支払いにする
  • 初月は「安心サポートプラス」と「MyBroadサポート」の2つのオプションに加入

上記3つの条件を満たせば初期費用が無料なるので簡単ですね。WEB申込み・クレジットカード払い・オプション加入すれば初期費用が無料になります。そのため大半の人がBroad WiMAXの初期費用を無料に出来ると思います。

↓ちなみにWiMAXプロバイダ各社の初期費用

プロバイダ 初期費用
GMOとくとくBB 事務手数料:3,000円
Broad WiMAX ・事務手数料:3,000円
・初期費用:18,857円
カシモWiMAX 事務手数料:3,000円
JP WiMAX 事務手数料:3,000円
So-net 事務手数料:3,000円


上記のとおり、通常は初期費用は事務手数料の3,000円だけのプロバイダが多いです。しかしBroad WiMAXは事務手数料の他に初期費用という謎の費用が18,857円も発生します。

【2】初月はオプション強制加入

Broad WiMAXの高額な初期費用を避けるためには下記2つのオプションに加入するしかありません。

・安心サポートプラス(月550円)

安心サポートプラスは端末が故障した際に無料で修理できるオプションです。

・My Broadサポート(月907円)

My Broadサポートは困ったときに遠隔操作や電話などで365日サポートしてくれるオプションです。

上記2つのオプションが強制加入させられます。My Broadサポートに関しては月額907円も発生するのでスグに解除した方が良いですね。

※オプションの解除は電話で解除申請できます。また、Broad WiMAX公式サイトのログインページにあるオプション解除フォームからメール送信でも解除できます。

まあ初月はオプション強制加入なのはWiMAXプロバイダ各社に共通する事です。したがってBroad WiMAXに限ったデメリットではありません。

【3】解約金が高い

Broad WiMAXの解約金は下記です

解約期間 違約金
12ヶ月以内 19,000円
13~24ヶ月以内 14,000円
25ヶ月目以降 9,500円
契約更新月 0円
WEBキャンペーン違約金
24ヶ月以内
9,500円

上記のとおり、Broad WiMAXの解約金自体はWiMAXプロバイダの平均です。しかし実はBroad WiMAXにはキャンペーン違約金(9,500円)という料金も発生します。

例えば12ヶ月以内に解約したら19,000円(解約金)+9,500円(キャンペーン違約金)=28,500円の解約金が取られます。

つまりBroad WiMAXは二重の解約金を取るWiMAXプロバイダです。
したがってBroad WiMAXは契約期間まで利用すればお得なWiMAXプロバイダですが、1ヶ月~2年以内に解約してしまうと高いです。

ただ、Broad WiMAXには「いつでも解約サポート」というサービスがあります。この「いつでも解約サポート」を利用すれば違約金なしで他社のWiFiに乗り換える事ができます(※乗り換え先のWiFiはBroad WiMAXが紹介するWiFi限定となります。)

【4】公式との記載が紛らわしい

f:id:waifiou:20191029150821j:plain

Broad WiMAXには上の画像のようにホームページタイトルに「公式」と記載しています。まあBroad WiMAXの公式サイトという意味ですが、見方によってはWiMAX公式サイトと認識しても不思議ではありません。

WiMAXの公式は「UQ WiMAX」です。UQ WiMAXがWiMAX回線を管理している本家です。

ただ、公式WiMAXが「UQ」という文字を付けてるので見方によってはUQ WiMAXはプロバイダと認識しても不思議ではなさそうです。

基本的に回線を管理している会社は社名=回線名というイメージがありますよね(例えばdocomo、SoftBankなど)

ちなみに「Broad WiMAXが公式と記載してるのは紛らわしい!」という意見はデメリットではなく、あくまで私の個人的な意見です...

Broad WiMAXのメリット

【1】当日受取もできる

Broad WiMAXは申込みから最短当日に受け取る事も可能です。具体的には「WEBで申込みをする→店頭で受取をする」という流れとなります。

※WEB申込み画面にて店舗受取希望にチェックを入れます

↓以下Broad WiMAXの店舗

店舗 住所
渋谷センター 東京都渋谷区道玄坂2-10-7
新大宗ビル1階
秋葉原センター 東京都千代田区外神田3-11-2
ロック2ビル1F-B
大宮センター 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目1-5
山中ビル4F
梅田センター 大阪府大阪市北区豊崎3-17-9
豊崎旭ビル2階

上記の場所にBroad WiMAXの店舗があります。そのため「急いでWiFiが欲しい」「家に居ない事が多く宅配受取は難しい...」など事情がある人に便利ですね。

ただ、Broad WiMAXの店舗は東京・埼玉・大阪にしか無いので店舗受取できる人は限定されてしまいますね...

しかし、店舗受取できるWiMAXプロバイダはBroad WiMAXだけなので大きなメリットです。

【2】サポートは充実してる

Broad WiMAXの悪い評判では「サポート対応が悪い」「サポート電話に繋がらない」など書き込まれていました。しかし、WiMAXプロバイダの中ではBroad WiMAXのサポートは充実してる方です。

Broad WiMAXは公式サイトにチャット問い合わせ機能があります。チャットサポートがあるとLINE感覚で手軽に問い合わせ出来るので便利です。チャットサポート設定されているWiMAXプロバイダは少ないです。

また、私は電話でBroad WiMAXに問い合わせした時がありましたが、丁寧な対応だったので満足してます。

いずれにしてもBroad WiMAXは同業他社と比べるとサポート体制は整っています。加えて契約手続きの変更などもBroad WiMAX公式サイトのログインページから簡単に変更出来るので利便性は高いです

【3】口座振替に対応している

Broad WiMAXは口座振替で支払いする事もできます。WiMAXプロバイダで口座振替に対応してる会社はとても少ないです。クレジットカードが無くてWiMAXプロバイダを利用できない...という人も結構いるような気がします。

しかしBroad WiMAXならクレジットカードの無い人でも利用出来るのは大きなメリットです。

ただ、Broad WiMAXは口座振替にすると初期費用18,857円が発生するので避けたいですね...

ちなみに口座振替OKのWiMAXプロバイダは下記3社だけです。

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIG LOBE

上記3社の中でも口座振替で一番料金が安いのはBroad WiMAXです。

Broad WiMAXがオススメの人

  • 料金の安いWiMAXプロバイダを探している
  • サポート体制が整っている会社が良い
  • クレジットカードを持っていない
  • 面倒なキャッシュバック手続きが無い会社を探している

上記に当てはまる数が多いほどBroad WiMAXはおすすめです!

Broad WiMAXはキャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安く設定されてます。

したがって確実に安くWiMAXを利用できるのがBroad WiMAX最大のメリットです。

一部のサイトでは「Broad WiMAXにはキャッシュバックが無いからオススメしない!」と紹介しているサイトもあります。しかしWiMAXのプロバイダをキャッシュバック金額で選ぶのは危険です。

というのも、そもそもWiMAXプロバイダはキャッシュバックを渡したくないからです。つまり一部のWiMAXプロバイダが高額なキャッシュバックを設定できる大きな理由は、受け取れない人も計算に入れてるからです。

キャッシュバックを本当に渡す気があれば、複雑で面倒なキャッシュバック条件を設定する必要はありません。したがってBroad WiMAXのように「キャッシュバックは無いが月額が安い」というのは利用者にとっては一番良いです。

Broad WiMAX公式サイトへ

Broad WiMAXをオススメしない人

  • 一番安いWiMAXプロバイダを探している
  • 3年も利用しない

Broad WiMAXは3年契約です。そのため3年以内に解約を考えてる人にはオススメしません。ちなみに「UQ WiMAX」なら2年契約です。

そしてBroad WiMAXはWiMAXで一番安いプロバイダではありません。WiMAXプロバイダで総額が一番安いのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBは高額なキャッシュバックが出るので総額は一番安いです。GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は毎月変更しますが、最低30,000円以上は出ます。

GMOとくとくBBはキャッシュバック手続きが複雑という訳ではありませんが、面倒です。

↓GMOとくとくBBでキャッシュバックを貰う方法

  • 利用11ヶ月目にキャッシュバック案内メールが届く(メールが届くのはGMO入会時に作成したメールアドレスです)
  • 届いたメールからキャッシュバック手続きをする(口座登録)
  • キャッシュバックが振り込まれる

※キャッシュバック案内メールの有効期限は1ヶ月です。つまり案内メールが届いてから1ヶ月以内にキャッシュバック手続きをしないと失効されます。


という流れになります。簡単な手続きでキャッシュバックが貰えるのは確かですが、受け取り忘れも多いようです。

しかし「絶対にGMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取れる!」という自信のある人はBroad WiMAXよりGMOとくとくBBがオススメです。

GMOとくとくBB公式サイトへ

Broad WiMAXで損をしないための契約手順

【1】対応エリアの確認をする

f:id:waifiou:20191029150916j:plain

Broad WiMAXに申込みする前にWiMAXの通信エリアの確認は絶対に必要です。

WiMAXには「ピンポイントエリア判定」という機能があります。

この「ピンポイントエリア判定」は地域名を入力すればお住まいの地域の通信状態が「◯、△、×」で判定されます。

↓ちなみにピンポイントエリア判定はこんな感じです。

f:id:waifiou:20191012135245j:plain

◯以外が出たらWiMAXの利用はオススメしません。基本的に市街地などに在住の人であれば「◯」が出るはずです。

WiMAXは人口の1億人の通信エリアをカバーしてると言われてます。しかしSNSや口コミ掲示板では「WiMAX繋がらない!」という書き込みが多数あります。したがって通信エリアの確認は必ず。

WiMAX通信エリアを確認する

【2】端末の選択

WiMAXエリア判定で問題なければBroad WiMAX公式サイトから申込みを行います。まずは端末の選択からとなります

↓Broad WiMAXには下記4つの端末があります。

f:id:waifiou:20191029143130j:plain

4つの端末のなかでも一番オススメなのは「W06」です。W06の素晴らしい部分を詳細に書くと長くなるので省略しますが、W06がオススメの主な理由は下記です。

W06がオススメの理由

  • 通信速度が高速
  • 繋がりやすさ抜群
  • WiMAXの最新端末
  • ハイスピードエリアモード対応

※ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX回線からauの4G LTE回線に切り替える機能です。(端末の操作画面から切り替える事ができます)

例えば山間部などでWiMAXが繋がらなかった場合などにはauのLTE回線に変えられる便利な機能です。しかしハイスピードプラスエリアモードは月7GBまでしか利用出来ません。

いずれにしても端末は圧倒的にW06がオススメです。

【3】プランを選択

Broad WiMAXには下記2つのプランがあります。

⇔スマートフォンで閲覧の方、横スクロールできます⇔

プラン ライト ギガ放題
月額 ・1~24ヶ月目:2,726円
・25ヶ月目~3,326円
・1~2ヶ月目:2,726円
・3~24ヶ月目:3,411円
・25ヶ月目~:4,011円
通信容量 月7GBまで 無制限
契約期間 3年 3年

インターネットをあまり利用しない人ならライトプラン(月7GB)でも充分そうですが、ライトプランはオススメしません。

というのも、ライトプランは月7GBで128kbpsの速度制度がされます。128KbpsはWEBページすらまともに開けない通信速度です。加えて料金もギガ放題(無制限)とあまり変わらないのでお得には思えません

ギガ放題プランなら月間の通信料は無制限なので動画をたっぷり見れます。ただ、通信料は無制限ですが3日で10GB以上データ通信すると一時的に速度制限されます。

しかしギガ放題プランなら速度制度されても1Mbpsは出ます。1Mbpsは動画も標準画質ならギリギリ再生出来るので速度制限の基準は緩いです。

ちなみにBroad WiMAXはプラン変更がいつでも出来ます。

【4】オプション加入

Broad WiMAXは初期費用を無料にするために「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」には加入が必要です。しかしオプションはBroad WiMAXに電話すれば解除出来ます。

例えば端末が届いてスグにオプションを解除した場合でも初期費用無料キャンペーンは適応されます。

したがってオプションの料金を発生させないためには、Broad WiMAXが届いたらすぐに電話サポートにオプション解除の申し出をしましょう。

以上がBroad WiMAXを損せずに契約する方法となります。要点をまとめると

  • 端末はW06を選ぶ
  • プランはギガ放題にする
  • オプションはサポートに電話をしてスグに解除する

上記3点を行えばBroad WiMAXを損せずに利用できます。

Broad WiMAXまとめ

以上がBroad WiMAXの評判や実際に利用している私のレビューとなります。Broad WiMAXはキャッシュバックはありませんが、月額料金が安いです。したがって確実に一番安く使えるWiMAXプロバイダはBroad WiMAXです。

また、Broad WiMAXは他社乗り換えキャンペーンを行っているため、他社WiFiからBroad WiMAXに乗り換える際は違約金を負担してくれます。

他社WiFiで発生する違約金を負担してくれるWiMAXプロバイダは非常に少ないです。したがって他社からWiMAXに乗り換える人にもBroad WiMAXは最適となります。

どのWiMAXプロバイダにするか悩んだらBroad WiMAXを選べば間違いありません!

Broad WiMAX公式サイトへ