【怖い/ムカつく!】嫌味ばかりの先輩保育士とうまく付き合う方法


11月30日更新しました!

 

保育士は女性の職場です。
女性の職場というのはいいこともあれば、悪いこともありますよね。

先輩の保育士と付き合う上で悩ましいトラブルの代表的なものとしては、嫌味を言われる、があるのではないでしょうか?

ただでさえミスをしてへこんでいるのに、そこに先輩保育士から嫌味をいわれると、もう保育園行きたくない!と思えてしまいます。

今回は保育士の嫌味はどんなタイプがあって、どう対処すればいいのか?
具体的にご紹介しますね。

 

新人の保育士に聞きました!怖い先輩のパターン

先輩というと憧れの対象というイメージがありますが、実際は背筋が意識しなくても伸びてしまうほど、ちょっと怖いなと感じてしまうもの。

中でも、泣くほど怖い「先輩保育士」もいますよね。

新人の保育士が口を揃えて「あの先輩は怖い!」という恐怖の先輩のパターンを集めてみたところ、大体3パターンあるようです。

・上下関係で嫌味を言う先輩の保育士
・保育観が合わないことに嫌味をいう保育士
・優しいのに陰口をいう先輩保育士

です。
どれも女性特有の嫌味なので、この攻撃を受け始めると逃げ場がなく、困ってしまいますよね。

上下関係で嫌味を言う先輩の保育士

嫌味というのは、たいていの場合上司から言われます。
何故、上司から嫌味を言われるのかというと、あなたがその人より仕事ができるからです。

尊敬できる上司というのは嫌味は言ってきません。
ネチネチと嫌味を言ってくるというのは、大抵、尊敬もできない人が多いですよね。

人にはそれぞれ得意なものがあり、保育士なら、ピアノや、工作などがあります。
もちろんそれが得意だからと言って鼻にかけていると、当然嫌われます。

しかし、そうでなくても上司としてプライドを傷つけられた、と感じることがあるようです。
それは周りからの高評価だったりします。

実際、調子に乗っていなくても、一人の上司が
「謙虚さが足りない」と言ってしまえば、そこから園長先生にもそういった評価が耳に入るのです。

主任クラスの保育士が、そういった嫌味を言ってしまうと、あなたの評価はどんなに頑張っても上がらない、という状況になってしまうのです。

 

保育観が合わないことに嫌味をいう保育士

保育観というのは人それぞれに違います。
どの保育士さんの保育観が正しいとか、そういうことは判別がつきません。

その園の方針というものもありますので、ある程度、同じ理解が必要です。
しかし押し付けられるものでもありません。

でも、主任クラスの保育士さんになると、こういった自分の保育観を押し付けてくることが多いのです。

そこであなたが、自分の保育観を強く主張すると、目を付けられることになり、
「00先生は、保育ってものがなにかわかってない!」
などと、嫌味を言われるようになるのです。

自分の意向に沿わないものは、周りを巻き込む、というのも、こういった嫌味の特徴ですね。
1人で戦わず、大勢で戦うのが、厄介なことでもあります。

孤立

孤立


優しいのに陰口をいう先輩保育士

今まで上げてきたものも、直接言われるのならまだ、対応できます。
しかし一番厄介なのはこういった裏で言われるものです。

「陰口」ともとられるこの嫌味は、あなたの知らないところで、あなたのことを言われているのです。
しかも、あなたと直接話すときは何事もなかったように接してきます。

ちゃんと関係を築けていると思っていた保育士が実は、陰で嫌味を言っていた・・・。
というのは、裏切られた、という思いが強く、ショックも大きいですよね。

こうなってしまうと、誰も信用できなくなり、あなたはどんどん孤立してしまうことになるんです。

「毎日先輩の保育士に怒られる・・・」その理由は?

新人の保育士さんの中には、毎日怒られ続けてくたくたの人もいると思います。

新人時代は右も左もわからず、たしかに怒られることはよくあります。でも、怒る側の先輩保育士だって、昔は新人だったのです。

日頃のストレスを新人保育士の指導で発散するような先輩保育士がいる場合、園長などの役職のある上司に相談するか、転職をするなど環境を変えることを考えた方が良いでしょう。

 

「もう、ムカつく!」そんな保育士の先輩とうまく付き合う

嫌味や陰口を言われたら、どうすればいいのか?
別にこれは保育士に限られたことではありません。

しかし、保育士は女社会。
嫌味を言われ始めると、終わりはなく、あなたはどんどん孤立してしまいます。

職場で嫌味を言われながら仕事をすることは、あなたを確実にむしばみます。
今の保育園だけがあなたの、職場ではありません。

きっとあなたの力を必要としてい保育園が他にもあるはずです。
我慢する必要も、義理もありません。

もっとあなたにあった環境で働くために、転職というのも一つの選択肢ですよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP